任意整理のデメリットは大きな問題ではありません

任意整理のデメリットは大きな問題ではありません

任意整理のデメリットは大きな問題ではありません

 

私は以前カードを使いすぎて毎日の返済に追われ、毎日を憂鬱に過ごしていました。多い時で10枚以上のカードを使っていたと思います。しかし、だんだんとすべてのカードが限度額いっぱいになってしまい、キャッシングにしても1万円、2万円程度しか毎月借りられない状態で、また借りたお金もすぐに返済に回さなければいけなくなり、まさにカード地獄、にふさわしい状態でした。

 

債務整理の話を知ったのはそんな時です。債務整理といっても、最初は自己破産ぐらいしか知らなかったので、自己破産したら会社もクビになるな、財産も全部取られてこれからどうすればいいだろう、と考えていましたが、相談した法律事務所に状況を話したところ、「任意整理の方向でやってみましょう」とのことでお任せしました。

 

任意整理の場合には会社など無関係なところには全く連絡が行かないので、今まで通り会社勤めもできるし、自分の必要なカードは残して整理もできるそうですが、私の場合は経済的に破たん寸前でしたのですべてのカードを処分することにしました。弁護士の方から、「任意整理をすると信用情報に前歴が残るので、大体7年間はカードを作ったりローンを組んだりはできなくなります」と言われました。でも、現状を解決することが最優先なので、このようなデメリットを気にしている状況ではありませんでした。

 

任意整理の場合には弁護士の方が個別に債権者と交渉をして返済方法などの見直しを行ってくれるやり方ですが、私の場合には消費者金融や信販のカードが多かったうえに、利用期間が長かったので過払い金が多く、弁護士の方がこれらの過払い金を上手に取り回して整理してくれたので着手金5万円を最初にお支払いしただけであとは過払い金の中で残債をすべて返済し弁護士への報酬も支払って、それでもお金が戻ってきました。
任意整理を思い切ってして良かったと思っています。ローンが組めなくなるデメリットはありますが、ローンやクレジットであのような地獄にはまったことを考えると、もう借金はしたくありません。

 

私の借金が消えた体験談はこちらです。
http://xn--nwqv15jlmj.com/