自己破産のデメリットについて

自己破産のデメリットについて

自己破産のデメリットについて

 

世間一般によくあることだとは思いますが、私はリストラをされ、そのストレスでギャンブルを始め見事にはまり、大きな借金を作ってしまいました。

 

気が付くと生活費やギャンブルで使うお金を調達するため、10社ものサラ金から総額約500万円を借りてしまっていました。1年後に就職しましたが、毎月の給料は利息の支払いと生活費でいっぱいいっぱい。

 

このままでは元金を返すことも不可能、心配で夜も眠れず、思い切って法律事務所に相談に行きました。任意整理や民事再生といった説明もありましたが、弁護士の先生と相談の結果、自己破産の方法を選ぶことになりました。
自己破産というと、そこで人生が終わるようなイメージを持っていましたが、詳しく説明を聞くと支払い義務がなくなることや、今後の収入は自分自身で使えることなどメリットが多く、私のような支払い能力のない者には有難い制度でした。

 

ノイローゼになりそうなサラ金からの頻繁な取り立てもなくなるということでした。しかしデメリットももちろんあります。

 

任意整理や民事再生では高価な財産の没収はされませんが、自己破産では20万円以上の財産が没収されてしまいます。私は購入して5年ほどの車(査定額70万円)を持っていましたが、それが没収となってしまいました。

 

元々車が趣味でしたので、それだけは本当に心残りです。ただ、今後は真面目に働きしっかりと生活基盤を固め、何年か後には新しい車を買うのが夢となりました。

 

また、5〜7年は金融機関やサラ金などから借金ができないこともデメリットと言えますが、こちらは立ち直ろうとするには良い薬だと思います。これまで借金が返せず、暗く死にそうな毎日を送っていましたが、自己破産をしたことで夢や希望を持って前向きに生きることができるようになりました。これも弁護士の先生が背中を押してくださったお陰です。手続きも先生のサポートの下、スムーズに終えることができ大変感謝しています。

 

私の借金が消えた体験談はこちらです。
http://xn--nwqv15jlmj.com/